大阪チャットレディ求人プリンセス心斎橋【報酬率35%~】

大阪心斎橋のチャットレディ求人 プリンセス

チャットレディはマンションタイプとオフィスタイプどっちが良い?違いを説明

チャットレディはマンションタイプとオフィスタイプどっちが良い?違いを説明
チャットレディのブースって2種類あるみたいだけど、どういう違いがあるんだろう? 私はどっちのほうが合ってるのかな?

と、これからチャットレディをはじめてみようと思っている方へ。

チャットレディさんたちがお仕事をおこなうチャットブースには、

  • マンションタイプ
  • オフィスタイプ

の2つの種類があることを知っていますか?

この記事ではこれら2つのブースの違いと、それぞれのメリット・デメリットについて紹介しています。

最初にお伝えしておくと、働きやすさは変わったとしてもどちらを選んでも売上に大きく差が出ることはありません

これからチャットレディ事務所を選ぶ際の参考にしてみてくださいね😊

オフィスタイプのチャットブースのメリット・デメリット

オフィスタイプのチャットブースのメリット・デメリット

デメリット①:ブースが狭く息苦しい

ワンフロアに多くのチャットブースを作っているため、一部屋あたりの面積は狭く、息苦しさを覚える方も多くいらっしゃいます。

ネットカフェの個室のような部屋がチャットブースとなっていますので、長時間お仕事をするのには向いていません

デメリット②:壁が薄く隣の音が丸聞こえ

いくら「防音しています」と謳っていたとしても、所詮は壁一枚で隣と隔たっているだけですので、隣のチャットブースの音は丸聞こえ状態です。

慣れてくれば音漏れも気にならなくなる可能性もありますが、チャットレディをはじめてされる方はビックリしてしまうかもしれません。

チャットレディは防音してないと音が丸聞こえ!事務所の形態に注意

メリット①:駅から近く通いやすい

オフィスタイプのチャットブースを構える事務所の多くは、駅から徒歩5分以内にあることが多く、勤務しやすいことが特徴です。

メリット②:ブース数が多く飛び込みOKなことが多い

10部屋~30部屋と多くのブースが用意されていることが特徴で、基本的に「満室だからチャットできない」ということがありません。

お金が欲しいと思ったときに当日の連絡で飛び込みでもチャット可能な事務所が多く、いつでも働けるという融通が効くことも大きな特徴です。

マンションタイプのチャットブースのメリット・デメリット

マンションタイプのチャットブースのメリット・デメリット

デメリット①:部屋数が少ない場合が多い

賃貸マンションをチャットブースとしているため、部屋数はオフィスタイプのブースと比べると少なくなってしまう傾向にあります。

たとえば4LDKの物件を借りてブースにしている事務所は最大4部屋となりますので、大抵は事前の部屋予約が必要になってくるでしょう。

デメリット②:駅から離れていることもある

駅チカの賃貸物件は割高傾向ですので、マンションタイプの事務所によっては駅から距離がある場所にブースを構えているところもあります。

ネット上には明確なブースの場所を掲載している事務所はありません。事前に駅からどれくらいの距離に事務所があるのかを問い合わせておくほうが良いでしょう。

メリット①:1部屋が広く、ストレスなく働ける

1部屋あたり5畳~8畳ほど確保されているため、広々とストレスなく働けることが大きな特徴です。

冷暖房も自分の好きな設定にできますし、休憩も好きなように周りの目を気にすることなくとることができます。

メリット②:音漏れが気にならない

建物の造り自体が鉄筋コンクリートなどの頑丈な造りであることが多く、壁も厚く作られているため、他のチャットレディの音が気になることがありません

音漏れが気になることがないので、完全なプライベートな空間でチャットをすることができます。

メリット③:店泊可能な事務所も多数

元々は住宅用の賃貸マンションですので水回りも完備されており、お風呂やシャワーを自由に使うことができます。

終電を逃した場合でもお風呂に入って寝ることもできるため、稼ぎやすい夜の時間帯にもチャットしやすくなっています

さいごに

チャットレディブースのマンションタイプとオフィスタイプの違いは?

オフィスタイプのブース、マンションタイプのブースともに一長一短あり、どちらが良いかを断言することはできません。

音漏れが気にならない人で、仕事に通っている感じが欲しい方はオフィスタイプへ。ストレスなく落ち着いてゆったり働きたい人はマンションタイプを選ぶと良いでしょう

これから登録してみようと思っているチャットレディ事務所がオフィスタイプなのかマンションタイプなのかは求人サイトに明記されていない場合もあります。

気になる方は事前にLINEや電話、メールなどで問い合わせてみるようにしてくださいね。

事務所選びの参考にしてみらえると幸いです😃